消費者金融も銀行もカードローン

そもそも面倒なことではありません。その借り入れに収入証明が必要だったとしても用意することは大変なことではないはずです。

 

消費者金融なら収入証明の提出を求められたら借り過ぎの判断材料にすることができます。銀行なら収入証明不要であることが気軽なキャッシングの代名詞ともなっています。

 

カードローンは銀行のもの、そのようなイメージはあるかもしれません。実際には消費者金融からの個人貸付も、銀行の個人貸付もカードローンとなっています。

 

それではカードローンの定義とはなんであるのか、そこからご説明していきましょう!

 

キャッシング

 

カードを発行する貸付、簡単に言えばそれがカードローンです。

 

例えばフリーローンや目的別ローンなど銀行が代金の支払いを直接行いその返済を基本的には口座引き落としによって行う、それはカードが発行されてATMからの返済ができるとしても基本的な使い方としては返済専門となっていますのでカードローンにはなりません。

 

カードローンと、目的ローン、大きく分けるとこの二つになります。そう考えてみるとどうでしょうか?

 

消費者金融のキャッシングもカードが発行されてそのカードを使って利用をします。銀行も同じ使い方ができます。

 

どのようなカードローンがどのように使われているのでしょうか。高金利の消費者金融にメリットはあるのでしょうか。低金利の銀行にデメリットはあるのでしょうか。

 

インターネットの時代です。自分の目で各金融機関の公式ホームページを確認ができます。その比較ポイントを確認しながら、カードローンを適切に使うことを考えていきましょう。

 

知っておきたいカードローン共通のこと

消費者金融であれ、銀行であれ、カードローンには共通する事項がいくつもあります。基本的な使い方としては変わりありません。金利お違いやサービスの違いはあるものの仕組みとしては変わりないわけです。

 

カードローン、キャッシングなどと呼び方はさまざまではありますがお金を借りることつまり借金であることは共通です。

 

個人信用情報機関に債務の情報として管理されることになります。借り入れがあれば返済があり、それが消費者金融や銀行からの借り入れである以上そこには利息を付けた返済が必要になります。

 

お金を借りることに安易になっている傾向があると懸念されています。現在はインターネットを使って金融機関を利用することが多くなり、消費者金融に限らず銀行もまた気軽さを出してきました。

 

一昔前は店頭窓口に向かって申し込みをするしかなかったでしょう。対面による申し込みには抵抗があるものです。キャッシングの申し込みという言い方ではなかったでしょう。

 

借金の申し入れ、そのような言い方をしていたものです。それだけに安易な借金を重ねることは少なく、やむに已まれぬ事情があったのことだったものです。

 

ところが現在のキャッシング事情は大きく変わりました。

 

自動契約機を使って担当者と顔を合わせることなく申し込みができるようになり、そしてインターネット申し込みではそれこそ誰とも顔を会わせることもなく申し込みから借り入れまでができます。

 

もちろん返済もできますので申し込みをしてから完済をするまで一度も足を運ぶことなく、それだけに誰にも知られることなくキャッシングをすることができます。

 

仕組みを理解しておきましょう。お金を借りること、カードローンを知ることで安全な使い方を探すこともでき、さらにはどのカードローンにするのか比較することもできるはずです。